離婚に関わる弁護士

調停から裁判まで

ご夫婦が別れを決め、離婚届に判を押す。
言葉だけ聞けば簡単に思える離婚ですが、実際には財産の分割や親権など様々な問題を話し合わなくてはいけません。
通常はご夫婦の協議の結果で離婚の条件は決まりますが、話し合いがもつれた場合には裁判所での調停や裁判を経ることになります。
今回は、そんな調停離婚や裁判離婚における弁護士の役割について見ていきましょう。

調停離婚と弁護士

離婚の際に行われる調停は、基本的に民事調停と同様のものと考えていただいて結構です。
裁判官と調停委員が間に立ち、夫婦それぞれの話を聞きながら合意点を探っていきます。

 

このタイミングで弁護士を雇ったときのメリットとしては、書類などの作成を代わりにやってくれることや、弁護士という存在が後ろに付いているという安心感、相手側に心理的プレッシャーを与えられる、本人の代わりに発言をしてくれるなどが考えられます。
離婚は人生で何度も経験するものではありません。
初めての場合、自分が求めている条件に漏れがないか第三者に確認してもらうという意味でも、弁護士を頼るのは効果的といえます。

裁判離婚と弁護士

調停でも話がまとまらなかったときは、裁判で決着をつけることになります。
離婚制度には調停前置主義という言葉があり、必ず調停を経なくては裁判を開くことが出来ません。
離婚裁判においては、弁護士の重要性がさらに高まります。

 

何よりも裁判という特殊な状況に慣れているため、当事者に皆さんよりも冷静で客観的な視点からこちらの言い分を主張してくれます。
感情に走りがちな離婚問題を、法的観点から整理する技術は経験豊富な弁護士に勝るものはありません。
また、やむを得ない事情で裁判を出席する場合には弁護士に裁判を任せることが出来ます。

離婚に強い弁護士を

弁護士にはそれぞれ得意分野があり、離婚問題を多く扱っている弁護士も存在します。
調停や裁判をすることが前提の場合であれば、なるべくこうした弁護士を味方に付けておきたいところです。
離婚問題でお悩みの方は、まず弁護士に話を聞いてもらいましょう。