相続における節税とは

知って得する節税の知識

築き上げてきた財産を、お子さんや配偶者に相続してもらいたい。
でも、そこにかかる相続税はなるべく抑えてあげたい。
こうした望みを叶えるために知っておきたいのが、相続税における節税の概念です。
同じ価値の遺産があったとしても、その形や受け渡し方法が異なれば相続税も変わってきます。
今回は、相続税を節約するための方法について詳しく見ていきましょう。

建築物に変換する

相続税の節税を考えるにあたって、相続税の性質を理解する必要があります。
原則として知っておいていただきたいのは、現金と不動産の場合、後者の方が相続する際に課される税が少なくなるという点です。
具体的には、建物は現金よりも3割程度低い価値の額で相続税が計算されるのです。
保持している財産に現金が多いという方は、建築物として遺産を相続することを考えてみてください。

土地の評価額を下げる

上記の例を見ていただいてもわかるように、相続税は特殊な計算方法で不動産の価値を選定し、それに見合った額の税金を課すというシステムを採用しています。
例えば、更地をお持ちの方でしたら、アパートをはじめとした賃貸物件を建ててみましょう。
なぜかというとアパートのような貸家物件の場合には土地の評価額が3割ほど抑えられる傾向にあるのです。
アパートの収入が見込める地域であれば、これは有効な手段です。
生前贈与をしておけば、相続人の方の収入になりますから相続税などの税金を支払う手助けをすることが出来ます。

 

 

 

生命保険の非課税枠

生命保険による死亡保険金は遺産よりも迅速に現金化できるという点で優れています。
また、一般的にはみなし財産として相続税を課されるのですが、法定相続人の人数に500万円をかけた額までは非課税なのです。
これを活用することで、税金を払う必要のない財産をご家族に残すことが可能になります。

弁護士と話し合う

ご紹介したような節税のテクニックは全て適法です。
しかし、方法を誤ってしまうと節税対策としての効果を発揮することなくむやみに財産を処分することにも繋がりかねません。
そのため、相続に関する深い知識を持つ弁護士に相談し、財産をどのように処分すれば税金がかかりにくいかを確認すると良いでしょう。